領収証の書き方・テンプレート・収入印紙が必要な金額などを詳しく!

会社のお金で何かを購入したり、サービスを受けた場合、領収証を発行してもらいますよね。

その領収証ですが、必要な記載事項というのは、法律で決まっています。

その記載事項がもれなく含まれているのであれば、領収証ではなく、レシートでも問題はありません。

よく、宛名に上様と記載されているかと思いますが、宛名には、上様の記載でも良いのでしょうか。

厳密に言うと、宛名は、きちんと会社名のほうが望ましいです。

また、一般的には、会社の角印を押すことが多いですが、実は、印鑑の有無は法的には問題がないようです。

経費に計上しようと思っていたけれど、もらい忘れたということもあるかもしれません。

このような場合には、レシートがあるのであれば、後日、発行してもらえます。

しかし、もし、レシートをなくした場合や、領収証を受け取ったにも関わらず紛失した場合には、再発行は可能なのでしょうか。

そのような場合には、基本的には再発行は難しいです。

再発行が無理ならば、どうすれば良いでしょうか。

有料で購入証明書・支払証明書を発行してもらうか、会社で出金伝票を使用するかしか方法はないのかもしれません。

このように、経費に計上するための領収証にはいろいろと決まりがあります。

また、経費として計上するためではなく、領収証を発行する際にも注意しなければいけない点があります。

領収証には書き方のルールと必要な記載事項があります。

それらをきちんと把握するためには、上記の内容をしっかりと網羅されているものをよく読んで理解することが重要ですね。

パソコンで使用できる領収証のテンプレートのダウンロードも可能です。

 

タイトルとURLをコピーしました